FAIRLADY Z Z32

日産フェアレディZ Z32

登場は1989年、平成元年である。当時のキャッチコピーは「スポーツカーに乗ろうと思う」。30年を経てもまだ色褪せないワイド&ローなデザインは秀逸の一言であり、デザインコンセプトである「獰猛な野生動物」を見事に表現。多くのファンを魅了する4代目のZ(ズィー)カーがこのモデル。当時国内メーカー間で過熱していた馬力競争に歯止めがかけられ、国内自主規制初適用がこのモデルの「280馬力」を謳うエンジンだった。だが、当時の日産は300馬力を狙っていたとも言われる。

バブル期真っ只中に登場したこのモデルは、そのスタイリッシュなボディ、惜しみなく投入された高性能な走りのメカニズムで国内のみならず、メインマーケットである米国市場においても成功を収めた。ちなみに、イグニッションキーの材質までもがチタン。国内メーカーの車作りのキーワードはまさに「惜しみなく」という時代だったのであろう。

その後、バブル終焉で長らくフルモデルチェンジが果たせず、結果的に10年以上にわたり生産される息の長いモデルとなった。

by Hiroshi Tanaka