NISSAN SKYLINE GT-X 1971

日産スカイライン GT-X 1971

GT-Rだけがスカイラインにあらず。1971年に登場したC110型スカイラインは通称「ケンメリ」と呼ばれ、人気を博した。丸目4灯テールライトのアイデンティティはこのモデルから始まる。
搭載されるエンジンは先代「箱スカ」から受け継いだ直6SOHC・1998cc、名機L20型。カウンターフローと呼ばれる特徴的な吸排気形状のエンジンは扱いやすく耐久性に優れ、長きにわたって日産の主力エンジンとして役目を担う。ケンメリGT-R登場まで、豪華装備が施されたこのGT-Xが最高峰モデル。GT-R登場後はGT-XのフロントグリルをGT-Rのものに換装した、GT-X「GT-R仕様」が若者たちの間で流行した。
by Hiroshi Tanaka